企画展

開館10周年記念企画展
芙美子と秋聲

         
     会期:2015年8月8日(土)~ 2015年11月30日(月)※会期中無休

詳細


 作家 林芙美子は秋聲文学から強い影響を受け、またその人柄を慕い、生涯彼を心の師として仰ぎました。彼女の最も有名な自伝的小説『放浪記』のなかに、秋聲が実名で登場していることはあまり知られていません。一方の秋聲も、代表作『仮装人物』のなかに、下積み時代の芙美子の苦しい生活のさまを書き留めています。女性が文学で身を立てるというこの厳しかった時代、そこに誰よりも理解を示し、時に援助を惜しまなかった秋聲の存在は彼の大きな支えとなりました。
 この展示では、芙美子と秋聲の出会いからその後の交流についてご紹介します。

展示品の紹介 


林芙美子筆 秋聲宛はがき
(徳田家蔵)
秋聲文学碑除幕式出席者 寄せ書き色紙
(徳田家蔵)



 今後のスケジュール
展示替え休館 2015年12月1日(火)~4日(金)
 企画展
「秋聲の描く風土、金沢」
 2015年12月5日(土)
   ~2016年3月21日(月・祝)
  ※年末年始(12月29日~1月3日)休館

▲ ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団

企画展 | 徳田秋聲記念館

企画展 | 徳田秋聲記念館