ミュージアムショップ

つれづれ箋

つれづれ箋セット
430円(税込)

梶田半古が描いた秋聲の明治期の初版本より『雲のゆくへ』『後の恋』『焔』『わたり鳥』『凋落』の木版口絵5種を便箋にあしらいました。
便箋はミシン目で切ると一筆箋としてお使いいただけます。
※便箋のみ・封筒のみの販売もしております

つれづれ箋セット (便箋5枚綴×5枚・封筒3枚入り) \430(税込)
つれづれ箋(5枚綴×5枚入り) \300(税込)
封筒(5枚入り) \250(税込)

色紙

秋聲自筆複製色紙
500円(税込)

「生きのびて又夏草の目に沁みる」
66歳の時、突然病魔に襲われた秋聲が奇跡的に回復を遂げ、その際のしみじみとした喜びを詠んだもの。

クリアファイル (全4種)

「黴(かび)」          
250円(税込)

 秋聲の出世作「黴」の初出紙タイトルカットを
 デザインとして用いました。

「爛(ただれ)」
250円(税込)

 作品舞台である明治末期を象徴するような、
 洋画家・木村荘八による挿絵入り。
 

「仮装人物」
250円(税込)

 印象的な冒頭の文章を大胆にあしらいました。

「縮図」 
250円(税込)

 秋聲最後の長編小説、初出紙への掲載面を
 そのままデザインに。挿絵は内田巌


▲ ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団