竹久夢二について

マンドリンを持つ夢二 堀内清宅にて(明治44年)

竹久夢二(たけひさ ゆめじ)

明治17(1884)ー昭和9(1934)年

本名、茂次郎。岡山県邑久郡本庄村に生まれる。大正ロマンを代表する抒情派の画家にして詩人。
明治末から雑誌や画集に発表した〈夢二式美人画〉は大衆の心をとらえ、大正7(1918)年に作曲された夢二作詞の「宵待草」は一世を風靡した。江戸情緒の魅力をたたえた美人画から、色鮮やかで楽しげな「子ども絵」まで、幅広い作風をもって多様なメディアで活動を展開。書籍装幀にも優れた才能を発揮し、千代紙、絵封筒、半襟などの図案も手がけたことから、現在でいうところの「グラフィックデザイナー」の先駆者としてゆるぎない地位を確立している。
生前の夢二は、独学の「大衆画家」であるがゆえに当時の画壇からは完全に無視されていた。しかし、第二次世界大戦後から、その作品に対する評価は高まってきている。

もどる

HOME