年表

和暦(西暦) 数え年 事跡
明治17(1884)年 1歳 9月16日、岡山県邑久郡本庄村119番地に生まれる。本名茂次郎。
明治35(1902)年 19歳 9月、早稲田実業学校入学。
明治38(1905)年 22歳 6月、『中学世界』に投書したコマ絵が第一賞に入選、「夢二」の名を初めて使う。
明治40(1907)年 24歳 1月、岸他万喜(たまき)と結婚し、牛込区宮比町4に新居を構える。
明治42(1909)年 26歳 5月、たまきと協議離婚。
12月、最初の著作『夢二画集 春の巻』刊行。
明治43(1910)年 27歳 5月5日、初めて来沢。新川除町(現中央通町)「基督教青年会館」に、21日まで滞在。
大正2(1913)年 30歳 11月、最初の詩集『どんたく』(詩「宵待草」を含む)刊行。
大正3(1914)年 31歳 10月、たまきを女主人として、夢二がデザインした小間物を扱う「港屋絵草紙店」を開店。この秋から、笠井彦乃との交際が始まる。
大正6(1917)年 34歳 6月、当時京都に居を移していた夢二は、そこへ彦乃を呼び同棲を始める。
8月、彦乃とともに不二彦を連れ、66日にわたる北陸・加賀への旅が始まる。金沢滞在中、西町「金谷館」で、「夢二抒情小品展覧会」を開く。
9月24日~10月15日、郊外の湯涌温泉に滞在。
大正7(1918)年 35歳 9月、「宵待草」がセノオ楽譜として発売され、歌はまたたく間に全国的に広がる。
暮頃、名作《黒船屋》を描いたか。
大正8(1919)年 36歳 2月、彦乃へと捧げられた歌集『山へよする』(新潮社)刊。
春頃、佐々木カ子ヨ(お葉)が夢二の新しいモデルとなる。
大正9(1920)年 37歳 1月16日、彦乃、お茶の水順天堂医院にて永眠。享年25歳。
2月、《長崎十二景》を描く。
9月、西出朝風たちにより口語短歌詩『第一群』(のちの『純正詩社雑誌』)が金沢で刊行され、これ に夢二も参加する。
大正10(1921)年 38歳 冬、《女十題》を描く。
大正13(1924)年 41歳 9月10日~10月28日、絵画小説『秘薬紫雪』を「都新聞」(現「東京新聞」)に連載。
大正14(1925)年 42歳 6月、お葉は静養のためおよそ3週間、金沢郊外の深谷温泉に逗留。その後、再び来沢し、およそ2ヵ月にわたって金沢に滞在し、夢二との別れを決意する。
昭和2(1927)年 44歳 5月2日~9月12日、自伝小説『出帆』を「都新聞」に連載。
昭和6(1931)年 48歳 5月、翁久允と秩父丸で横浜からアメリカに渡る。
昭和7(1932)年 49歳 9月、渡欧。ヨーロッパ各地を歩き、多くのスケッチなどを描く。
2~6月、ヒトラー政権下のベルリンでは、イッテン・シューレ(一天画塾)で日本画教育も行う。
昭和8(1933)年 50歳 9月、ヨーロッパから神戸に帰国。
11月、台湾へ行き、帰国後、病臥。
昭和9(1934)年 51歳 1月、信州富士見高原療養所の特別病棟に緊急入院。
9月1日早朝、午前5時40分「ありがとう」の一言を残して永眠。

もどる

HOME