公式ブログ

誕生日キャンペーン終了
2012年3月29日
 本日、3月29日は、夢二が将来で最も愛した女性「彦乃」の誕生日でした。
 当館では先着50名様に記念のミニカレンダーを配布しました。このミニカレンダーを目当てにご来館くださるお客様や、偶然本日いらしたお客様にも大変好評でした。

 次回は7月に「たまき」 9月には「夢二」の誕生日キャンペーンを開催いたします。
どうぞお楽しみに!  
誕生日キャンペーン
2012年3月9日
 毎年、夢二とその恋人の誕生日を記念して、夢二館誕生日キャンペーンを開催しています。
 3月11日(日)はお葉の誕生日。3月29日(木)は彦乃の誕生日。この両日にご来館いただいたお客様には、 オリジナルミニカレンダーをプレゼントしています。

 このミニカレンダーは、『日常の生活の中に、美術を取り入れたい』という夢二の思いを汲んで作りました。
 夢二のかわいいイラストを用いており、人気があります。
先着50名様限定になりますので、ご希望の方はお早めに。
 皆様のご来館をお待ちしております。
おもいでノート
2012年3月1日
 夢二館には「おもいでノート」があります。ご来館いただいたお客様に、夢二のことはもちろん、湯涌での旅の思い出などを、自由に書き込んでいただくノートです。

 この「おもいでノート」は、今月より大人用が8冊目、子ども用が4冊目になりました。子ども用のノートは紙に線がなく、お絵かきに最適です。 小さいお子様連れのお客様には、お子様がお絵かきに夢中になっている間(だけ?)は、静かに作品をご覧いただけることでしょう。お子様連れでもぜひお気軽にご来館くださいね。

 尚、3月4日(日)の10時から約30分程度、ギャラリートークを開催いたします。 今回の展覧会最後のギャラリートークとなりますので、ぜひご来館くださいませ。
 
学芸員より:ファッションリーダー〈夢二式〉について ~3~
2012年2月18日

 現在、キモノや旅館の浴衣で来館された方に、オリジナルのしおりをプレゼントする「キモノ・浴衣キャンペーン」を開催中です。 男性女性問わず、素敵な和装姿を拝見するとなんとも嬉しく、館内の雰囲気はまるで夢二の時代へタイムスリップしたかのように思えます。
 
 今回は、和装に欠かせない「半襟」をご紹介します。半襟は、襦袢(じゅばん)の襟に縫いつける下着の一種です。大正半ばから刺繍の半襟が登場したそうで、昭和初期には宝石をあしらった派手なものまで見られるほどに重要な小物でしたが、現在は白いシンプルなデザインが多いようです。 夢二は花や小鳥などをモチーフに半襟をデザインしました。
 また、街で見かけた女性の半襟をチェックしてその様子をメモしたり、自らがデザインした毒キノコ柄の半襟をかけた女性と良い雰囲気になったり、目配りを絶やしませんでした。

 会場では、現在2点の半襟を展示しています。1点は桃色のバラが刺繍された半襟。もう1点は、百人一首でお馴染みの「玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよはりもぞする」が深紅の糸で刺繍された半襟です。バラの半襟には、夢二デザインのブランドショップ「港屋絵草紙店」のロゴが入っています。可憐なバラと忍ぶ恋を詠んだ和歌の対比がなんともおもしろく、恋に生きた夢二だからこそ成せる、意味深で大胆なデザインです。
 

ショップ通信 : 港屋開店記念風呂敷
2012年2月8日

 現在開催中のコレクション展に展示されている「港屋風呂敷」をご紹介します。
 これは、夢二デザインの商品を扱ったお店「港屋絵草紙店」を開店した時に、 記念に配られたものと言われています。クリーム色の生地に赤色で描かれた、楽しげな絵が印象的な作品です。
 こちらの風呂敷と同じ柄の商品を当館ショップにて販売しております。
 見ていると明るい気持ちになれるような楽しい作品です。
 ご来館の記念に1枚いかがでしょうか。
 
   【港屋風呂敷】 
   大 2100円  サイズ 約 90cm × 90cm
   小  630円  サイズ 約 49cm × 49cm


 尚、本日8日と明日9日は、ゆわくの日と題しまして、来館者の方にはオリジナルしおりをプレゼントしています。ぜひご来館くださいませ。

雪の中の夢二像
2012年1月26日

 1月後半になって、雪の降る日が多くなってきました。ここ湯涌は金沢市とはいえ、街中から車で20分ほどの距離。雪の量もやはり多めなようです。
 
 そんな中、建物の外の「夢二像」に眼をやってみました。ぱっと見ただけでも雪が積もっていて寒そうですよね・・・。夢二の顔の周りに雪がいっぱい。マフラーをして帽子をかぶって、そして小さなソリに乗っているようにも見えます。不思議な雪の積もり方ですね。


 そしてもう1枚顔のアップ画像。いかがでしょうか。

 夢二もいかにも何かを私たちに訴えている様子。現代の私たちですら、天候はもとより、降雪量の調節などはやりたくでもできません。「夢二さんごめんね」と心の中で思いつつ、面白いので雪をそのまま放置することにしました・・・。
 
 そんな雪の多い湯涌ですが、1月29日(日)の午前中には「氷室の仕込み」という行事があります。雪を保存する「氷室小屋」に雪を詰める湯涌の伝統行事で、一般の方も雪詰めができるそうです。
ぜひ湯涌に、そして仕込み後は夢二館にも遊びに来て下さいね。
(何かいいことがあるかもしれませんよ♪)

●「氷室の仕込み」詳細はこちら

ショップ通信 : セノオ楽譜複製品 ~宵待草~
2012年1月14日

現在のコレクション展の中に、セノオ楽譜の宵待草があります。夢二が作詞を手がけたこの曲は、現代でも人気があります。当館ではこの「宵待草」の複製品を販売しております。
 
 この複製品は、近隣施設『金沢湯涌創作の森』のスクリーン工房のスタッフの方に制作していただきました。誰かを待つはかなげな姿が印象的な作品です。お部屋のインテリア、贈答品としてもオススメです。ご来館の際にはショップの方も一度ご覧くださいませ。
 なお、遠方の方にはお電話での販売も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【宵待草複製品】  額セット 6500円/作品のみ 4300円  サイズ 縦30cm × 横27cm

学芸員より:ファッションリーダー〈夢二式〉について ~2~
2012年1月1日

あけましておめでとうございます。昨年は、多くの方にご来館いただきまして、ありがとうございました。本年も、当館から夢二の魅力を発信していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、現在のコレクション展では、新春をテーマとした作品も展示しています。《新春処女喜戯図》(大正後期)、《南枝早春》(昭和初期)には、日本の伝統的な遊びである鞠や羽子板で遊ぶ少女が描かれています。そして、紋付きの黒いキモノに椿柄の帯をしめた日本髪の女性がカルタを読む「わが世の春」(明治45年)、カラフルな幾何学柄の帯をしめた洋髪の女性がテーブルでトランプをする『婦人グラフ』2巻1号の表紙絵(大正14年)は、雑誌の新年号に掲載された作品です。どちらも梅が描かれた屏風を背にした女性像ですが、その装いや手にしたカードなどから、当時の風俗を垣間見ることができます。
 そして、とりわけお正月らしいのは、夢二の著書『櫻さく嶋 春のかはたれ』に掲載された口絵木版画「TUMABIKI」(明治45年)です。 三味線をつま弾く芸妓は、波に千鳥柄の半襟、源氏香を変形させた大胆な幾何学模様のキモノを身につけています。それは、膝にかけられた椿柄のこたつ布団とあいまって、画面を賑やかに彩っています。背景には、水平線から昇りつつある太陽と鶴が描かれ、華々しくおめでたい雰囲気にあふれています。
 いずれの作品も、季節感を大切にした夢二らしい、魅力的な作品です。  
学芸員より:ファッションリーダー〈夢二式〉について ~1~
2011年12月24日
 冬期コレクション展「ファッションリーダー〈夢二式〉―明治・大正、キモノの魅力」がオープンしました。ブログでは、この展覧会のポイントやこぼれ話などをご紹介したいと思います。

 さて、この展覧会のタイトルを見て、「どうして夢二が描いた美人画がファッションリーダーなの?」と首をひねる方がいらっしゃるかもしれません。 現在、女性が憧れるおしゃれな人は「ファッションリーダー」や「ファッションアイコン」と呼ばれています。テレビにうつるモデルや女優の服装を真似たり、雑誌で見たコーディネートからファッションを楽しむことができます。ところが、夢二が圧倒的な人気をほこった明治末から大正期には、テレビも鮮明な画像のカラー写真もありません。そんな時、夢二が雑誌の口絵として描いた和装の美人画は、流行に敏感な女性たちにとって、ファッションのお手本となっていました。実際に、夢二の描いた絵と「すっかり同じ姿」の女性が街中にあふれていたとも言われています。こういうわけで、〈夢二式〉の美人画は、現在の「ファッションリーダー」的な役割を担っていたのです。
 
 会場にならぶ、あでやかなファッションリーダーたちに、ぜひ会いに来てください。 明日12月25日(日)は午前10時より、ギャラリートークを行います。みなさまのご来館をお待ちしています。
 
 
休館日のお知らせ
2011年12月12日
 12月12日(月)~22日(木)は、燻蒸作業・展示替えのため休館となります。
12月23日(祝・金)から、コレクション展を開始いたします。(ギャラリートーク12月25日)
 尚、年末年始は通常通り開館いたしておりますので、どうぞご来館くださいませ。
 
ホームページをリニューアルしました。
2011年12月1日
 金沢湯涌夢二館のホームページをリニューアルしました。
 そして、本日より公式ブログも開始しました。こちらでは、夢二館のお知らせなどはもちろん、ミュージアムショップのおすすめ商品や、湯涌界隈での出来事などもお伝えしてゆきたいと思っています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

もどる

HOME