館の概要

金沢湯涌夢二館は、詩人画家・竹久夢二を顕彰するために、金沢市によって設立され、平成12年4月16日に開館いたしました。

大正ロマンを代表する〈夢二式美人画〉のモデルとなった妻・岸たまきの故郷が金沢であること。また、夢二が最愛のひと・笠井彦乃と幸せな時を過ごし、愛息・不二彦の病が癒えた地が、「湯涌」であったこと。こうした事実にもとづいて、この地に建てられました。

常設展示室では、夢二とその芸術性を「旅」「女性」「聖書」の視点から改めて問い直し、夢二をとりまく女性たちと金沢との関わりを中心に展示することで、より深く彼の人間性を紹介しています。さらに、企画展示室では、夢二自身の生涯とその創作活動はもとより、彼と関係の深い作家、あるいは国内外における同時代の芸術・文化など、様々な視点から、年4回の企画展を開催しています。

豊かな自然に恵まれた湯涌温泉に建つ当館で、夢二の作品や遺品等を通じて、その感性と時代の空気に親しんでいただければと願っております。

もどる

HOME