活動内容

過去の展覧会


2022年

企画展「2022 大拙と語る」

令和4年4月28日(木)~令和4年9月4日(日)

金沢生まれの仏教哲学者・鈴木大拙(本名・貞太郎1870-1966)は、日本・東洋の文化や考え方を西洋世界へひろく伝えたことで知られています。
2013年度から継続している当展は、大拙の足跡や考えを体感できる「いまに生きるもの」を取り上げ、大拙をより身近に感じることができる視点から構成します。
あわせて、館内の3つの「空間」と「庭」の回遊に加え、大拙が生まれ育った館周辺の散策を提案します。

平和への願い

戦争は人格を無視する、人間的威厳を蹂躙して少しも顧みない、ここに戦争の人間行事としての最も嫌悪すべきものがあるのである。
人間には誰でも自己肯定の衝動はある。差別の世界ではやむを得ぬ。ただこれがために他人に禍を及ぼすべきではない。 集団は個人からできているが、この個人もまた集団あっての個人である。 相互に牽制してしかも相互に扶助し合うことによりて、団体は平和の生活を続けて行ける。これは個人の集まりでも国家群でも同じことである。

企画展「大拙の姿貌」

Ⅰ:令和3年12月17日(金)~令和4年2月13日(日)
Ⅱ:令和4年 2月16日(水)~令和4年4月24日(日)
死して生きるひと

2011(平成23)年10月18日に開館した当館は、おかげさまで10周年を迎えました。
開館以来、来館者が館内に入ってまっすぐに進んだ「内部回廊」のその先に、この写真が掛かっています。
そこはおひとりおひとりがまず鈴木大拙と出会うところです。
鈴木大拙(1870-1966)は世界的な仏教哲学者です。
令和3年度・企画展「大拙の姿貌」は、Ⅰ、およびⅡとあわせて二期にわたって
当館所蔵品の鈴木大拙の写真を展示します。
鈴木大拙そのひとの魅力と「死して生きる」
その存在の「妙」に着目します。