活動内容

展覧会案内

開館10周年記念特別展「みずにあとなし」

    期間:2021年10月1日(金)~2021年12月12日(日)



月、潭底を穿ちて 水に痕無し

2011年10月18日に開設した当館は、本年10周年を迎えます。
東洋・日本の思想や文化をひろく世界に伝えた仏教哲学者・鈴木大拙(1870-1966)の生誕地そばに開設された当館は、 いまに生きる大拙の考えや生き方を国内外の人々が体験できる場であるとともに、来館者自らが自由に思索できる場をめざしてまいりました。
また世界人D. T. Suzukiにふさわしい、世界にひらかれた活動を推進するため、大拙にゆかりのある施設と交流を結び、協力を得て、事業を進めてきました。
当展は、交流協定先である石川県西田幾多郎記念哲学館(石川県・かほく市2011年協定締結)、日本民藝館(東京・目黒2013年協定締結)所蔵作品の特別展示とあわせ、 大拙の考えや生き方を、当館を基点に、これからいかに提示していくのかを考える契機とするとともに、改めて大拙と縁のある人々との交流を紹介します。

<主な展示作品> ※ 一部作品は保護のため展示期間が異なります
1) 鈴木大拙・書「竹影掃堦塵不動 月穿潭底水無痕」(日本民藝館所蔵)
2) 西田幾多郎・書「竹影拂階塵不動 月穿潭底水無痕」(西田幾多郎記念哲学館所蔵)
3) 柳宗悦・書「南无阿弥陀佛」(日本民藝館所蔵)
  柳宗理旧蔵品。装案は柳宗悦、種子(しゅじ)(仏の象徴として現わされる字)は芹沢(せりざわ)銈介(けいすけ)、
  一文字は柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)。
4) 柳宗悦・書「只麼(しも)」(日本民藝館所蔵)
  装案:柳宗悦。軸端:島岡達三
  2013年度・鈴木大拙館・開館2周年記念特別展「大拙と柳宗悦」展示作品
5) 濱田庄司・花器「白釉黒流描花入」(鈴木大拙館所蔵)
6) 鈴木大拙・書「O Wonderful…」(鈴木大拙館所蔵)
  ※1)および6)の展示期間は10月1日(金)―11月7日(日)

○ 相互優待(無料入館)
会期中は石川県西田幾多郎記念哲学館との相互優待期間にあたります。
詳しくはこちらまで

■スペースツアー「The Days of Our Lives」(入館料金のみ、申込不要)
 当展解説と、当館の空間(スペース)の過ごし方を学芸員が案内します。
   10月30日(土)
   11月23日(火・祝)
   12月4日(土)
   各回 午後2時開始 (1時間程度)
  (開始時間までに受付にお集まり下さい。)

■ 思索体験プログラム「朝・思索のすゝめ」
 思索のひとときをお過ごしいただけます。
 (私語、撮影等はご遠慮いただいております。)
   11月28日(日)「御講凪編」 11月1日(月)受付開始

年間展示スケジュール

展覧会名 会期 展示替えによる休館日
企画展「也風流庵レターⅡ」 2020年12月18日(金)
~2021年4月18日(日)
終了しました
4月20日(火)
企画展「世界人―D. T. Suzuki」 2021年4月21日(水)
~9月26日(日)
5月12日(水)
~6月14日(月)臨時休館 

7月31日(土)
~9月26日(日)臨時休館 
終了しました
9月28日(火)、9月29日(水)
開館10周年記念特別展
「みずにあとなし」
2021年9月30日(木)
~12月12日(日)
9月30日(木)臨時休館 
12月14日(火)、12月15日(水)、12月16日(木)
企画展「大拙の姿貌(すがた)Ⅰ」 2021年12月17日
~2022年2月中旬
未定
企画展「大拙の姿貌(すがた)Ⅱ」 2022年2月中旬
~2022年4月下旬
未定
過去の展覧会一覧

もどる

HOME

ページトップへ