活動内容


イベント

賛助会員様限定イベント 「牡丹の節会」を開催しました

(令和5年6月9日)

日頃ご支援いただいている賛助会員の皆様をお招きし、
永島 留美様、吉内 晶様のお二人による「牡丹の節会~芒種のころ~」を開催致しました。
今回も地元新竪女性会の皆様にご協力をいただきました。

朝からあいにくの雨模様でしたが、開演時間には晴れ渡り、清らかな空の下、演奏会が始まりました。
永島様のピアノと吉内様の歌声が、水と木の葉の音とともに水鏡の庭に響き渡りました。
今回は水鏡の庭を臨む柳の下にて、演奏曲の歌詞を朗読するなど、今までにない演出も組み込まれました。
演奏会が終わる頃には美しい満月が浮かび、特別な夜の時間となりました。


   "あなたの夜のもっとも静かな時間に、ご自分の心にたずねてみてください。
   自分は書かずにいられないのかと。
   深いところに根ざした答えを求めて、ご自分の心の中を掘りさげていってごらんなさい。
   もしその答えが肯定的なものであって、この重大な問いに対して、
   力強くただ一言「私は書かずにはいられない」と答えることができるようでしたら、
   あなたの人生をこのやむにやまれない事にあわせて設計していってください。"
   
                  ライナー・マリア・リルケ『若き詩人への手紙』(三城満禧・訳)










一覧へ戻る