ホーム > 常設展 > 清水誠

常設展

近代日本を支えた偉人たち 【清水 誠

日本で最初のマッチを作った
清水 誠 (しみず まこと)
弘化2年(1845)年~明治32(1899)年
石川県金沢市御徒町(東山)生まれ
業績

 金沢市御徒町(東山)で嶺新兵衛の6男として生まれました。15歳の時父が亡くなり清水家の養子となります。24歳の時、フランスに留学、この留学中に、日本へ帰ってからマッチを作ろうと決心します。誠が作ったマッチは、とても評判が良かったため、「新燧社」(しんすいしゃ)という大きな工場を作りました。その翌年、誠は再びフランスに行きますが、この間に工場は火事で燃えてしまいます。誠は今までより安全で使いやすい「安全マッチ」の勉強をして帰国し、新しいマッチを作る工場を作りました。誠は誰にでもマッチの作り方を教えたので、日本中にたくさんのマッチ工場ができました。そして誠の作った安全マッチは日本だけではなく、外国にも輸出されるようになりました。その後、マッチを作る機械も発明しました。
 28歳の時には、金星の太陽面通過を観測し、日本人として初めてその写真撮影にも成功しています。

豆知識
 清水が最初に設立したマッチ会社「新燧社」の「燧」には「火打ち石」という意味があります。つまり「新燧社」とは「新しい火打ち石の会社」ということになります。
 

展示品
ゆかりの地
清水誠先生顕彰碑/金沢市卯辰山
天神橋から卯辰山山頂方面へ進んでいくと、中腹のカーブの脇に「マッチの碑 入口」と書かれた看板が立っています。
国産マッチ発祥の地
清水誠がマッチ製造を始めた「新燧社(しんすいしゃ)」のあった場所に、「国産マッチ発祥の地」と刻まれた碑があります。場所は墨田区江東橋1丁目、両国高等学校の敷地内です。
清水誠顕彰碑
梅の名所として有名な亀戸天神社の境内に清水誠顕彰碑があります。
亀戸天神社は、菅原道真を祀り学問の神と親しまれれている神社です。
参考文献
『かなざわ偉人物語』 金沢こども読書研究会、1999、金沢市立泉野図書館
リンク

PAGE TOP