Languages

主な収蔵品

金沢城下絵図

 城下町の中心である金沢城は金色、武士の屋敷地はそれぞれ、年寄衆八家の上屋敷が銀・下屋敷が白、人持の上屋敷が赤・下屋敷が赤褐色、足軽組地は黒色に着色されており、城下町金沢の屋敷配置が視覚的によくわかる絵図である。八家、人持については名前の記入があるが、残念ながら八家は銀で着色されたためか、名前が見えにくくなっている。八家、人持以外の藩士についても部分的に名前の記入がある。武家地以外の寺社地・町地もそれぞれ色分けされている。 
 現在の兼六園の一部である竹沢御殿が建てられた場所は「学校」と記されており、藩校明倫堂が建てられる寛政4年(1792)から竹沢御殿造営のため移転した文政5年(1822)の間の地理的情報が盛り込まれていると推定される。

収蔵品名 金沢城下絵図(かなざわじょうかえず)
年代 江戸時代後期 
前の収蔵品を見る 収蔵品一覧へ
ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団