ブログ

開館時間

9:30~17:00
(入館は16:30まで)
休館日 展示替え期間、
12/29~1/3

観覧料金

一般 300円
団体
(20名以上)
250円
65歳以上・
障がい者手帳をお持ちの方およびその介護人
200円
(祝日無料)
高校生以下 無料
くらっしー&さんちゃん

HOME > ブログ

最新のブログ

2019年4月

おひなさま、明日で見納めです
2019年4月13日

 4月3日のひなまつりも終わり、ついに明日14日で「ひな飾り展」最終日です。今年は御殿飾りがテーマでしたので、例年より多くのひな人形が記念撮影スポットに並びました。
 この他にも館内にはさまざまな御殿飾りが並びます。時代によって移り変わる御殿の様式をぜひご覧ください。
 今日、明日とお天気もよさそうなので、ご来館をお待ちしております。

 次回の展示は、五月人形やこいのぼりを多数飾ります。


 展示替え休館 4月15日(月)~19日(金)

 企画展「端午の節句展~座敷のぼり~」
  平成31年4月20日(土)~6月16日(日)

2019年3月

着物でひなまつりと貝合わせ
2019年3月31日

 4月3日に合わせて開催する着物イベントでは、貝合わせ体験も行いました。たくさんのこどもたちが来館しましたので、ステキな写真を多数紹介します。
 詳細は着物体験アルバムでご覧ください。





 ◆◆次回は5月3日(金・祝)~5日(日・祝)
   「五月人形と着物で記念撮影」を開催します◆◆
 対象年齢:0歳~小学生(30分単位で予約制)
      電話予約受付 4月2日(火)より

赤ちゃんの用の着物、新登場
2019年3月12日

 企画展「ひな飾り展」の体験用に、新たに生後6か月~1歳ぐらいの赤ちゃん用の着物を用意しました。記念撮影にいかがでしょうか。

 金沢では4月3日にひなまつりをお祝いしますので、当館では4月14日(日)までご覧いただけます。ぜひご来館ください。

おひなさまと着物で記念撮影~3日目~
2019年3月3日

 着物体験イベント最終日もたくさんのこどもたちが来館しましたので、ステキな写真を多数紹介します。
 詳細は着物体験アルバムでご覧ください。

 ◆◆次回は3月29日(金)~31日(日)に
   「着物でひなまつりと貝合わせ」を開催します◆◆
 ※満員となりましたのでご注意ください

おひなさまと着物で記念撮影~2日目~
2019年3月2日

 着物体験イベント2日目もたくさんのこどもたちが来館しましたので、ステキな写真を多数紹介します。
 詳細は着物体験アルバムでご覧ください。

おひなさまと着物で記念撮影~1日目~
2019年3月1日

 3月3日合わせて開催する着物イベントの初日は、多くの赤ちゃんが初節句の記念に来館しました。
子供たちのかわいい写真は、着物体験アルバムでご紹介しています。ぜひご覧ください。

2019年2月

旧正月を祝う加賀万歳
2019年2月3日

 今年の旧正月は2月5日なので、その直前の日曜日に正月の風物詩である加賀万歳の実演を行いました。
 「式三番叟」「新・金沢町づくし」「北国下道中」「平成金沢新名所」「北陸新幹線」と盛りだくさんの演目でしたが、多くのお客様に最後まで楽しんでいただけたようです。
 来館された皆様の「先々御栄えてお祝い」となりますように。

2019年1月

「あこがれの電化製品」2.アイロン編
2019年1月31日

 衣類の手入れに欠かせないアイロンは、古くは炭火を利用した「火熨斗(ひのし)」や「焼鏝(やきごて)」が使われてきました。このため電化製品としての歴史も古く、国産第1号は大正4年(1915)に登場しましたが、一般家庭用に発売されたのは昭和20年代からでした。

 初期の電気アイロンは1枚目のように、電源コンセントを差し込んで使うだけでした。
 昭和30年代は2枚目のように、ダイヤルを回して温度調整ができるようになりました。

 昭和40年代は、3枚目の初期のスチームアイロンが普及しますが、「ドリップ式」という聞きなれない名前のもので、アイロンのタンクにほんの少し水を入れて使いました。
 現在のようなスチームアイロンは昭和50年代に登場し、4枚目のように一目で水の残量が分かるようになりました。
 アイロンは日々使うものであり、機能の向上が特に求められたことから、短期間で大きな進歩をとげたのです。

「あこがれの電化製品」1.テレビ編
2019年1月28日

 企画展「あこがれの電化製品」では、昭和30年代から60年代にかけての電化製品を時代ごとに展示しています。ここでは、その中でも時代の移り変わりを感じられるものを選んで紹介します。

 昭和30年代の「三種の神器」の一つである「白黒テレビ」は台がないことが多く、1枚目のように四本足がついたものがよく見られました。見ない時に画面を覆うための布が上に載っているのも、時代を象徴しています。
 その一方でIC回路を搭載した小型のトランジスタテレビ(2枚目)が、昭和35年(1960)に登場しました。
 なお、テレビ放送は昭和28年(1953)に始まりましたが、NHK金沢は昭和32年(1957)12月に、北陸放送(MRO)は翌年12月に開局しています。昭和37年(1962)にNHK教育が始まるまで、チャンネルが2つしかない時代が続きました。
 昭和39年(1964)の東京オリンピックをきっかけに多くの人がテレビを購入するようになりました。



 昭和40年代に入ると「3C」の一つ「カラーテレビ」があこがれとなりました。3枚目は昭和48年(1973)のカラーテレビですが、チャンネルは白黒テレビと同じくダイヤル式となっています。
 昭和44年(1969)に石川テレビが開局してチャンネルも増えましたが、当時の新聞を見ると、「カラー」と表示された番組があることから、それ以外は白黒放送であったことが分かります。

 昭和51年(1976)にカラーテレビの普及率は94%となりました。4枚目は昭和55年(1976)のテレビですが、この前年に登場したリモコンがついています。
 昭和50年(1975)にはベータ方式のビデオデッキが登場し、5枚目のようにテレビの下などに置いて録画できるようになりました。
 テレビは登場してから約20年で、私たちの生活に欠かせないものとなったのです。

着物で旗源平!
2019年1月14日

 金沢正月の伝統遊び「旗源平」を子供たちに着物で体験していただきました。今年はなかなか勝負がつかず、後半に逆転するという結果になりました。

子供たちのかわいい写真は、着物体験アルバムでご紹介しています。ぜひご覧ください。


着物体験アルバム

 ◆◆次回は3月1日(金)~3日(日)
   「着物でおひな様と記念撮影」を開催します◆◆
 対象年齢:0歳~小学生(30分単位で予約制)
      電話予約受付 2月11日(月・祝)より

新年のごあいさつ
2019年1月4日

 明けましておめでとうごさいます。本年もよろしくお願い申し上げます。
 新年最初の開館日は、この時期の金沢にしては珍しい青空に恵まれました。冬休みということで親子連れの来館もあり、にぎやかな初日となっています。

 懐かしの電化製品に再会できる企画展「あこがれの電化製品」は、2月17日(日)まで無休でご覧いただけます。まだの方はぜひご来館ください。

2018年12月

年末のごあいさつ
2018年12月28日

 しめ飾りを玄関に飾ると、年末まであとわずかとなったことを実感します。28日は仕事納めで、年内最後の開館日となります。

 21日より開始しました入館者プレゼント「初夢枕紙」は、多くの方にお渡しすることができました。感謝の気持ちをこめてお渡しするとともに、皆様にとってよい新年となることを願っております。

 少し早いですが、本年は大変お世話になりありがとうございました。来年もまたよろしくお願い申し上げます。

◆お知らせ◆

 年末年始(12月29日~1月3日)は休館いたします。
 来年は1月4日(金)より開館します。

着物体験~冬編~ 2日目
2018年12月9日

 冬の着物体験2日目も、多数の親子連れにご来館いただきました。
 参加された子供たちのかわいい写真をご紹介いたします。

 ◆◆次回は1月14日(月・祝)13時半より
   「着物で旗源平!」を開催します◆◆
 対象年齢:6歳(年長)~小学生10名
      電話予約受付 12月11日(火)より

5歳以下対象のイベントは、3月上旬に「着物でおひな様と記念撮影」を予定しておりますので、改めてご案内します。

着物体験~冬編~ 1日目
2018年12月8日

 冬の着物体験は床の間の正月飾りを背景に記念撮影していただきました。
 参加された子供たちのかわいい写真をご紹介いたします。

2018年11月

花嫁さん、明日で見納めです
2018年11月24日

 記念撮影スポットの象徴である花嫁さん。3ヶ月近く素敵な衣装をご披露してきましたが、明日25日が最終日です。
 以前お聞きした話ですが、近年は洋顔のマネキンが多く、日本髪が似合う和顔のマネキンは珍しくなったそうです。
 そんなすてきな花嫁さんと是非、記念撮影してください。明日はお天気もよさそうなので、ご来館をお待ちしております。

 次回の展示は、昭和の高度成長期を象徴する電化製品をご紹介します。


 展示替え休館 11月26日(月)~30日(金)

 企画展「あこがれの電化製品」
  12月1日(土)~平成31年2月17日(日)
  ※年末年始のみ休館(12月29日~1月3日)

着物体験~秋編~ 第三弾 2日目
2018年11月18日

 秋の着物体験第三弾は2日目も満員となり、多数の親子連れにご来館いただきました。
 参加された方々のすてきな写真をご紹介いたします。

 ◆◆次回は12月8日(土)・9日(日)に開催します◆◆
      電話予約受付 11月20日(火)より

着物体験~秋編~ 第三弾 1日目
2018年11月17日

 秋の着物体験第三弾は1日目は満員となり、多数の親子連れにご来館いただきました。
 参加された方々のすてきな写真をご紹介いたします。

鶴亀はいずこ
2018年11月14日

 先日のギャラリートークのことです。最初の展示ケース「加賀繍の打掛」(1枚目)で、明治時代はおめでたい鶴亀が人気という話をしました。
 手前の赤い打掛は、背中に仙人を乗せた鶴、裾に小さな亀がいます。
 中央の花嫁暖簾は、梅の木の下につがいの鶴と、松の木の下に小さな亀がいます。
 では、奥の淡い灰色の打掛(2枚目)はどこにいるでしょうか?とお客様にお尋ねします。

 たいていの方は思わず打掛の模様をご覧になるのですが、実はこれはひっかけ問題です。

 正解は家紋の位置に設けられた刺繍(3枚目)です。鶴亀と松竹梅を金糸で細かく表しており、館蔵品ではこの一点しかない貴重なものです。

 最終日の25日(日)まであと2週間を切りました。ご来館の際には、是非この鶴亀の刺繍にご注目ください。

 特別展「金沢の花嫁衣裳」後期
  10月16日(火)~11月25日(日)会期中無休

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:kurashi@kanazawa-museum.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団