開館時間

9:30~17:00
(入館は16:30まで)
休館日 展示替え期間、
12/29~1/3

観覧料金

一般 300円
団体
(20名以上)
250円
65歳以上・
障がい者手帳をお持ちの方およびその介護人
200円
(祝日無料)
高校生以下 無料
くらっしー&さんちゃん

HOME > 企画展

開催中の企画展

企画展「ひな飾り展~御殿飾り~」
平成31年2月22日(土)~4月14日(日)

 女の子の成長を願う「おひな様」。古くは大きなものが飾られ、しだいに人形の種類や道具などが増えて豪華になっていきます。
 今回はおひな様が入る「御殿」をテーマに、明治~昭和の特徴ある御殿飾りを紹介します。
 また常設展示室にも七段飾りなどを飾りますので、館内に合わせて約250点のひな人形が並びます。


主な展示品

  • 明治の御殿飾り    2組(内1組は小松市立博物館所蔵品)
  • 大正の御殿飾り    1式(館蔵品の中で最も大きい物)
  • 小型化する御殿飾り  3組
  • 昭和のおひなさま(集合雛)  御殿飾り3組に、ひな人形約140点と道具が多数並ぶ

「戦前のくらし」の御殿飾り、「戦後のくらし」の屏風飾りをあわせると、全部で御殿飾り10点、約250点のひな人形が館内に並びます。

展示室の様子

明治の御殿飾り

 上方(京都・大阪)で流行した御殿飾りは古くから金沢でも飾られていました。
 小松市立博物館所蔵品の御殿飾りを特別に出品していただきました。

大正の御殿飾り

 館蔵品で最も大きな御殿飾りを展示します。七人官女や六人仕丁など珍しい人形もいます。

小型化する御殿飾り

 組み立てしやすい小型の御殿飾りも登場し、都市部などで広まりました。

昭和のおひなさま(集合雛) ◆記念撮影スポット◆

 御殿飾り3組と多くのおひなさまや道具を一緒に飾りました。

常設展示室「戦前のくらし」での展示 ◆記念撮影スポット◆

 「戦前のくらし」の座敷には御殿飾りを飾っています。記念撮影スポットですので、自由に撮影することができます。

記念撮影用の衣装

 「戦前のくらし」の座敷には、子供用の着物(小学生まで)と扇・冠がありますので、おひなさまと一緒に記念撮影してみてください。(写真はイメージです)
 大人の方も扇を持って記念撮影してみてはいかがでしょうか。

常設展示室「戦後のくらし」での展示 ◆記念撮影スポット◆

 昭和30年代の大きな七段飾りを展示しています。こちらも記念撮影スポットとなっています。

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:kurashi@kanazawa-museum.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団