開館時間

9:30~17:00
(入館は16:30まで)
休館日 展示替え期間、
12/29~1/3

くらっしー&さんちゃん

HOME > 企画展

開催中の企画展

企画展「市電が走った時代」
令和2年9月5日(土)~令和2年11月15日(日)

 かつて市民の足として親しまれた路面電車「市電」は昭和42年(1967)に廃止されましたが、今なお人々の記憶に残っています。大正8年(1919)に最初の区間が開業し、昭和20年(1945)に東金沢まで延伸しました。市内の中心地を結び、日々の生活だけでなく映画館などのおでかけにも使われました。
 当時の市電にまつわる資料とともに、街並みや観光地などの懐かしい風景などを紹介します。
 なお、今回の展示にあたり、貴重な資料を提供していただいた各位に心からお礼を申し上げます。

主な展示品

  • 市電関連    模型、方向幕、切符、街並みの写真パネルなど    85点
  • 懐かしい風景  今は見られなくなった観光地や風景の写真パネルなど 35点

このほか、戦後の街並みのパノラマ写真なども廊下で展示しています。

展示室の様子

市電と車両

市電の模型や、市電本体に使われた系統表示板、方向幕などを紹介します。

市電の沿線

市電が走った路線を多くの写真で紹介します。
記念撮影スポットとして、大きく引き伸ばした風景写真も用意しました。

市電に関わる人々

運転士・車掌が実際に使った道具や制服、そして乗客が使用した貴重な切符などを紹介します。

懐かしい風景

兼六園野球場やヘルスセンターなど、当時の人々が訪れた懐かしい場所を写真パネルを中心に紹介します。

ページトップへ

もどる

HOME

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:kurashi@kanazawa-museum.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団