企画展

最新



企画展 「旅する犀星~京都・鎌倉編~」

展示期間:2019年3月7日(木)~2019年6月30日(日)


  旅のかなたに

わが旅はつくることなく
わが哀しみの消ゆるときなし。
旅にいづればこころよみがへり
あたらしく心勇みいづ。
われみづからの心をしたはしみ
けふも貧しき旅のかなたを指さす。
なまめかしき枯木を裂くごとき
われに山河のうつりくるときの
わがよろこびは脣をあかるくす。

  (初出題「京都へ」)


 大正2年(1913年)、23歳の冬、京都への初めての旅は、東京からうちひしがれて戻っていた故郷金沢を、追われるようにして始まりました。紫野、西陣、加茂川(鴨川)、祇園・・・凍てつく古き都にひと月もぶらつきながら、感傷に満ちた哀切の詩を次々と生み出して行きます。それらの抒情詩は、犀星の名を一気に世に知らしめるきっかけともなったのです。今回、未発表詩稿も展示します。


 それから20年の時を経て昭和9年(1934年)と11年(1936年)、40代となった犀星は、京都の庭園を廻り、趣味の庭づくりへの造詣を深めました。
 鎌倉へは、大正時代末期に萩原朔太郎を訪ねたのが初めてでした。昭和13年(1938年)には、徳田秋聲とともに、小杉天外と細野燕臺を訪ねています。
 「旅する犀星」の第三弾として、京都と鎌倉への旅をご紹介します。



企画展関連イベントはコチラから

講座はコチラから

ページトップへ

室生犀星記念館

〒921-8023 石川県金沢市千日町3-22 TEL:(076)245-1108 FAX:(076)245-1205
saisei@kanazawa-museum.jp