企画展

生誕130年記念「岡栄一郎の陰影」

         
     会期:2020年3月28日(土)~ 2020年6月28日(日) 
                        ※5月13日(水)一部展示替えのため休館

  

詳細


 岡栄一郎は金沢出身の劇作家です。秋聲の遠縁にあたり、栄一郎は彼を「おじさん」
と呼んで慕い、将来の進路について相談したり、住まいや結婚の世話をしてもらったり
など家族ぐるみの付き合いを持ちました。また、大正4年、秋聲の長篇小説『奔流』が夏
目漱石の在籍する「東京朝日新聞」に連載される際、その背景に漱石門下生であった栄
一郎の存在があったことも見逃せません。
 〝新思潮派〟と称される芥川龍之介、久米正雄、菊池寛、山本有三らとの交流も繁く
大正から昭和にかけ新進気鋭の劇作家、またとくにその辛口が評判の演劇・文芸評論
家として活躍しました。
 この展示では、岡栄一郎生誕130年を記念して、秋聲をはじめとする同時代作家たち
との交流から浮かび上がる人物像をご紹介します。



展示品の紹介 


夏目漱石筆 栄一郎宛書簡
(石川近代文学館蔵/前期のみ展示)
山本有三筆 栄一郎宛書簡
(石川近代文学館蔵/前期のみ展示)



 今後のスケジュール
展示替え休館 2020年6月29日(月)
     ~7月4日(土)
開館15周年記念展
     「思い出るまゝ」(仮)
 2020年7月5日(日)
      ~9月27日(日)

▲ ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団