企画展

企画展 没後70年記念「久米正雄の出現」

         
                   会期  令和4年7月31日(日)~11月6日(日)
                         〔火曜定休(祝日の場合翌平日)〕
                                            

 

詳細


 今年没後70年を迎える久米正雄は小説家、劇作家、「三汀」の号をもつ俳人として知
られています。明治24年、現長野県上田市に生まれ、母の実家のある現福島県郡山市に
転居して少青年期を過ごします。
 秋聲との出会いは大正初期。その頃、久米は帝大同級生である芥川龍之介らとともに
夏目漱石門下に出入りし、第四次「新思潮」を創刊するなど本格的な文学活動に乗り出
していました。彼ら若手作家の出現は、20歳年上の秋聲を大いに刺激したようです。
 また久米は麻雀、社交ダンス、カメラなどの多彩な趣味を持つ〝通人〟でもありまし
た。本展では、久米正雄の作品・趣味・人物について、秋聲の視座を通してご紹介します。


展示品の紹介 


久米正雄筆 秋聲宛書簡 久米正雄『木靴』
                        

今後のスケジュール
展示替え休館 11月7日(月)~11月11日(金)
次回企画展 未定 
   



▲ ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団