企画展


金沢湯涌夢二館企画展
夢二の楽譜
―大正・昭和初期の作詞曲と表紙絵―
 

不二彦表/ 不二彦裏/

画像をクリックするとPDFファイルが開きます

詳細
 竹久夢二(1884-1934)は、明治末期から昭和初期に活躍した詩人画家です。夢二が作詞した「宵待草」は、多忠亮(おおのただすけ)の作曲により大正7年(1918)に「セノオ楽譜」のシリーズから出版され、大正時代を代表し、今なお愛唱される流行歌となりました。この「宵待草」を現在の歌詞で掲載した夢二の処女詩集『どんたく』は大正2年に刊行され、2023年はその刊行から110年目となります。これを記念して、夢二の楽譜をテーマとした展覧会を開催します。
 本展覧会では、夢二が表紙絵を手がけ、セノオ音楽出版社から発行された「新小唄」や「セノオ楽譜」を中心に、夢二の作詞曲や同時代の楽譜などもあわせて展示します。なお、妹尾 幸次郎筆 竹久夢二宛書簡(昭和9年)も当館初公開します。


展示風景


展示品の紹介

竹久夢二表紙絵・島村抱月・相馬御風作詞・中山晋平作曲
『新小唄 第1編「カチューシャの唄」』
大正8年29版(大正3年初版)


竹久夢二表紙絵・竹久夢二作詞・多忠亮作曲
『セノオ楽譜No.106「宵待草」』 昭和12年(1937)
新セノオ楽譜初版(大正7年(1918)初版)

会期 2022年11月12日(土)〜2023年3月12日(日)
※毎週火曜日、年末年始休館
開館時間 9時00分〜17時30分
(入館受付は17時まで)
観覧料金 一般・大学生:310円 
団体(20名以上):260円
65歳以上:210円(祝日無料)
高校生以下無料

過去の企画展

もどる

HOME